乙女座の夜空に輝く下弦の月 byグラン・ルカ

query_builder 2023/12/05
ブログ
名称未設定のデザイン

皆さま、こんにちは。

久しぶりの投稿になります。


今夜は乙女座で下弦の月です。


今回は美しい星座、乙女座とその夜空に映える下弦の月についてお話したいと思います。


乙女座は、夏の終わりから秋の始まりにかけて輝く星座であり、その中でも特に注目されるのが、下弦の月との相性です。


乙女座は、几帳面で繊細な性格の象徴とされています。

星々が煌めく夜空においても、その秩序と美しさが反映されているように感じられます。


幻想的で感動的な瞬間を想像してみてください。


下弦の月は、月が満月から半月を過ぎた頃の相です。

この時、月の半分が明るい状態となります。


乙女座の夜空で下弦の月を眺めると、その対比がより際立って、深い感銘を受けることでしょう。


ただね、深夜から明け方にかけてしか見えないんです。


日中も運が良ければ、うっすらと白い儚げな半月を見ることができます。

あくまでも日照条件が合えば、

ですので、


運が良ければ!です。


この瞬間には、乙女座の特性が月の姿と重なり合って見えるように思えます。


まじめな性格の乙女座と、半分だけ明るくされた月の組み合わせは、これから新月に向かって手放していく時期の中で


何か新しい始まりへの期待や、その変化が乙女座の堅実な性格との調和を感じさせます。


下弦の月は、月がだんだん欠けていくのでさみしい気もしますが、新月へ向けて「生まれ変わる」と捉え直すと、月から力をもらえるような気がしますね。

 

この瞬間は、日常の喧騒から離れて、宇宙の神秘に触れる贅沢なひとときと言えるでしょう。


乙女座の下弦の月は、自然の中で内省し、新しい目標や計画を立てるために静けさを提供してくれるかもしれません。 


期待を覚悟して、同時に内省と静けさをもたらしてくれます。


ぜひ、乙女座の夜空で下弦の月を観察し、宇宙の神秘に触れてみてください。


外で見ると寒くて凍えるかもしれませんが。


グラン・ルカ

Gran.Ruca☆Astro Tarot

記事検索

NEW

  • 風を感じながらウオーキング 北九州の占いは風乃森

    query_builder 2024/06/07
  • 木星が双子座に入りました 北九州の占いサロン 風乃森

    query_builder 2024/05/27
  • 2024年3月20日 春分の日 北九州の占いサロン風乃森

    query_builder 2024/03/20
  • 水瓶座の金星と上弦の月:北九州の占いなら風乃森

    query_builder 2024/02/16
  • 2月4日立春 エンジェルズゲート全開 北九州の占いなら風乃森

    query_builder 2024/02/03

CATEGORY

ARCHIVE